読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村浩道ファンクラブ

合気の身体感覚を通して古武術と医術の融合に取り組んでおられる、松村浩道先生のファンクラブ

2016年11月のスケジュール


11月5日(土) 13 : 00 ~ 17 : 30

第18回 P&A学術交流会にて松村先生講演です。
www.pamedicine.jp/assets/2016.11.05.pdf

会 場
中野サンプラザ13Fコスモルーム

参加費 一般¥2,000

松村先生の演題は

「オーダーメイド治療の実践と疾病予防」


未病・予防の第一人者、松村先生が

江の島弁天クリニックで確かな成果をあげている

オーダーメイド治療のお話しです。

2016年9月のスケジュール

9月24日土曜日~25日日曜日(松村先生演武は24日午後)

 

「第5回世界少林気功武術健康大会」

 

主催:東京青少年少林寺武術気功協会

共催:一般社団法人全日本少林寺気功協会、東京中国文化センター

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

  (小田急線『参宮橋駅』下車 徒歩約7分)

 

世界最高レベルの武術・気功・易学の達人達が一同に集結!

各領域における世界一流の専門学者、武術の指導者がその優れた知識見解・技量を講演、演武します。

今大会での健康・風水・気功・武術の講演、演武は、より健康・養生への関心が持てる内容となります。

大会を通じて現代の人々の心と体の病が回復し、明日への勇気と希望、世界平和へと繋がるよう貢献します。

 

松村先生は、大東流合気柔術光道壱風館館長として、24日土曜日の午後に演武されます。

 

f:id:TeamMatsumuraLove:20160629194100j:plain

2016年7月のスケジュール

7月7日
10時30分~12時
八芳園
喜田研究所・経営者の会にて松村先生講演です。

クローズの会ですが、松村先生の私の推薦で参加希望者は入場できるとのことですから、希望の方はこちらに書き込んでください。

 

 

7月17日(日) 13 : 00~17 : 00

酸化ストレス・抗酸化セミナー
http://www.wismerll.co.jp/event/ev2016/ev0717.html

会 場
東京都千代田区外神田1-18-13
秋葉原ダイビル2F 秋葉原コンベンションホール
参加費 一般¥10,000
定 員 150名

松村先生は全10講演の内の5番目の講演で、先生の演題は

「 酸化ストレスを活用した不定愁訴への包括的アプローチ」

 不定愁訴を訴える患者はSIBOやLGSなど、腸内環境に問題を抱えるケースが少なくありません。
 本講演では、SIBOやLGSと慢性炎症の関連を、酸化ストレスの視点を含めて捉え、当院で行っている不定愁訴への包括的な取り組みを紹介します。

 


7月18日
日本医療・環境オゾン学会
第 36 回オゾン療法トライセミナー
http://www.js-mhu-ozone.com/news/2016-005/2016-005.pdf
松村先生の講演は
11:40~12:00
4.腸内環境とオゾン療法

2016年6月のスケジュール

6月30日木曜日

 

「ビューティ&ヘルシーライフセミナー2016」

 

主催:サンケイリビング新聞社横浜本部)

場所:横浜市西区の横浜国際ホテル

50代以上の女性の人生を輝かせるセミナーイベントだそうです。

5つのセミナーがあり、各回45分で参加費無料。

要事前申し込み 045・661・1711へ。

受付は平日午前10時~午後5時。28日締め切り

(お知らせ、遅すぎですいません。。。)

 松村先生のご講演は午前11時30分からです。

 

「腸内環境と心身の健康」

全体プログラムは

(1)午前9時半~「わが子のために親ができる婚活は?」

(2)同10時半~「下肢静脈瘤の最新治療について」

(3)同11時半~「腸内環境と心身の健康」(松村先生)

(4)午後1時~「メークで簡単!アンチエイジング

(5)同2時~「100歳の朝食に学ぶ 美と健康の秘訣」

 

f:id:TeamMatsumuraLove:20160629191931j:plain 

はじめに

松村浩道先生は、合気の身体感覚を通して、古武術と医術の融合に取り組んでおられます。

 

松村浩道ファンクラブは、

 

松村先生の主宰される古武術大東流合気柔術光道壱風館」門弟有志が中心になって、

 

松村先生の日々の精力的な活動をアップしています。

 

 

 

松村浩道はこんな方です。


大東流合気柔術光道壱風館館長

医療法人社団藍風会理事長
江の島弁天クリニック院長 
認定産業医・ペインクリニック専門医
日本レジリエンス医学研究所 理事長