読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村浩道ファンクラブ

合気の身体感覚を通して古武術と医術の融合に取り組んでおられる、松村浩道先生のファンクラブ

ヨーロッパオゾンコングレス

松村先生がベルリンでのヨーロッパオゾンコングレス(3月24日〜26日)に参加されました。

http://www.ozonosan.de/pdf/Kongresse.pdf

脳腸相関に着目したオゾン療法の実践

松村先生が第22回日本医療・環境オゾン学会 学術大会(4月16日)で

「脳腸相関に着目したオゾン療法の実践」について講演されます。


詳細は以下をご覧ください。

 

http://www.js-mhu-ozone.com/news/2017-003/2017-gakujyutu-prog.pdf

オゾン療法マスタートレーニングコース

松村先生が 点滴療法研究会 『第2回オゾン療法マスタートレーニングコース』(2017年7月16、17日)にて講演されます。

 

www.iv-therapy.org

壱風館のサイト

松村先生が館長の大東流合気柔術壱風館のサイトはこちらです。

壱風館 - 大東流合気柔術/二子玉川・用賀、栃木さくら市

Facebook 

https://www.facebook.com/groups/ippukan/

 

東京稽古日程(二子玉川、用賀)
 ・夜稽古:毎週火曜日(午後7時~)
 ・朝稽古:毎週木曜日(午前6時~)


栃木稽古日程(さくら市

 ・夜稽古:毎週金曜日(午後7時~)
 ・朝稽古:毎週土曜日(午前6時30分~)  

こちらに来たら、生(ナマ)松村先生に逢えます~

壱風館サイトから、事前にご連絡くださいね。

 

エリック・ペパー博士による世界最新ストレスマネージメント  One Day 集中ワークショップ

f:id:TeamMatsumuraLove:20160630114601j:plain

2016年8月3日 (水) 午前10時~午後6時

「エリック・ペパー博士による世界最新ストレスマネージメント 
One Day 集中ワークショップ」

主  催:一般社団法人日本レジリエンス医学研究所

共  催:医療法人社団藍風会 江の島弁天クリニック
後  援:一般社団法人日本うつ予防管理士協会

会   場:江の島アイランドスパ
  神奈川県藤沢市江の島2-1-6 
 http://www.enospa.jp/access.html

参加費用:2万1600円(消費税込み) 

ペパー博士は、シリコンバレーのIT企業や欧州企業において、バイオフィードバックを利用したストレス管理方法のワークショップを長年行い、コンピュータユーザーの健康増進に貢献したことで「カルフォリニア知事賞」を受賞されました。
今回のワークショップは、医師、歯科医師鍼灸師柔道整復師、あん摩マッサージ師、心理カウンセラーの皆様が、企業におけるストレス状況を理解し、その対処方法を身に着けて頂き、ご自身で企業へストレスマネジメント法を提案できるだけのノウハウを学んで頂けます。

松村先生は、江の島弁天クリニック医師として、実際の臨床の現場でストレス関係疾患に対し具体的にどのようにバイオフィードバックを取り入れているか、また産業医として、企業に対しどのようなストレスマネジメントを提案、実践しているかについてを、お伝えします。


【 お問い合わせやメールはこちらまでどうぞ 】
東京都世田谷区玉川3-20-11 マノア玉川第一ビル205 一般社団法人日本レジリエンス医学研究所 事務局
www.stress-j.com
TEL: 080-3867-4446(中川)  FAX:03-5539-4722  Mail : info@stress-j.com

 

2016年8月3日(日)開催 日本レジリエンス医学研究所 公開講座 | 日本レジリエンス医学研究所 | 米国ストレス研究所日本支部

 

「対人関係のイライラは医学的に9割解消できる」 (マイナビ新書)

「対人関係のイライラは医学的に9割解消できる」 (マイナビ新書)

松村 浩道 先生の著作です。

f:id:TeamMatsumuraLove:20160630104918j:plain

2016/5/25発行、918円、マイナビ出版です。

Amazon カスタマーレビュー、みなさん、高評価です。
https://goo.gl/JEmG6y

(下に何人かの書評をまとめてみました)

『イライラ体質の裏にある身体の医学的メカニズムが詳しく解説されてありました。

対人関係を改善するためのコミュニケーションスキルなどのアプローチはこの本では重要視されておらず、
ただ「自分が変わる」、すなわち考え方(認知)を変えたり、レリジエンス(困難を乗り越える力)を高めたり。
そういう方法が書かれています。

 イライラする、つまりストレスが溜まることで脳や腸といった器官に影響を与えるという事実にも驚かされました。
でも逆に言えば、食事(栄養管理)や運動、入浴などの生活習慣を改善すれば、イライラが解消されるわけです。

マインドフルネスについて学べる、今の時代に必要とする本であると思います。』

 

追記

こちらのブログに書評が載ってます。
樺沢紫苑公式ブログ
http://kabasawa3.com/blog/book-movie/iraira

樺沢さん、すてきな書評をありがとうございます~

 

2016年12月のスケジュール

これから順次アップいたします。 お楽しみに!